スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新物商品


10月も終わりに近づき、今年も後二カ月余りとなりました。
日に日に寒さに向かっているようで、海水温もどんどん下がっていくことでしょう!

海水温が下がれば、富山湾の魚は一段と美味しくなり、今までで獲れなかった魚も水揚げされるようになります。
例年10月の終わりの頃からボチボチと出始める「鱈」(たら)。
漢字のごとく、魚に雪と書いてタラですので、雪が降り始める寒い頃から盛期を迎えます。
madara.jpg


鍋に入れると絶品の鱈、でも鍋の中では崩れやすく身がぽろぽろと落ちてしまいます。
鱈には寄生虫が多く付いています。よく聞くアニサキスです。
煮物で出てきたときに、実の中に丸い斑点があればそれがアニサキスの輪切りになったものです。
生の刺身で食べない限り、味もなく、毒もないので何も心配はいりません。

これからの季節に出てくるのは「真鱈の昆布〆」です。
当店でも新物を楽しみに待っていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。
真鱈の刺身の昆布〆です!
寄生虫が心配かと思いますが、アニサキスは冷凍-20℃で48時間程度で
死んでしまいます。
IMGP6069_1.jpg

多くの魚に寄生しているアニサキス。
近海のアジ、イカ、鱈に多く寄生していますが、熱と冷気に弱く、焼くか煮る、または2日程度冷凍してから
食するのが安全です。イカなども一度冷凍すると身が甘くなり、美味さが増すと言われています。
当社仕入れの昆布〆は全ての魚を冷凍し、安心してお召し上がれるようにしております。

あと暫くで「新物!真鱈の昆布〆」の販売が始まります!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。