神通川の鮎もシーズンオフ間近!


台風18号が来る前の鮎の友釣りへ行ったのが今年最後の鮎釣りになりそうです。
今年の夏は長雨に曇り空が続き、鮎が好む川底の石に良質な苔が生えず、数は釣れても良型が少ないシーズンでありました。
鮎の鑑札も数年ごとに値上げし、今年はついに1万円を超えて12,000円となりました。昨年までの9,000円に比べて大幅なアップです!
釣りは自然が相手ですので、その年その年で鮎の育ちが違います。育ちが悪く、めっきり数の少ない年もありますが誰にも文句は言えません。そこはやはり天に任せるしかないのです・・・
神通川1

私の神通川釣行は今シーズン僅か4回で終了のようです。台風が通り過ぎて天候は良くなるでしょうが、雨の影響で川は濁りしばらくは釣りになりません。餌釣りと違い友釣りは、縄張りを持ったアユの側に囮鮎を近づけて、縄張り鮎が追い払う習性を利用して針に掛ける釣りですので、川の状態が良く、石に苔が生えて縄張りを持ちはじめ、囮鮎が近づいたことが分かるような透明感が必要ですので、今回の台風でしばらくはダメでしょう!
日ごとに水温が低下し鮎は下流の深場へと移動してメスを囲んで群れとなり、産卵行動へ移りだします。
そうなると友釣りは終了の時期となります。
9月いっぱいは何とか可能でしょうが、今年はこの台風で今月は無理かもしれません・・・
10月1日~2週間は全面禁漁となり、鮎の産卵の保護期間となります。

毎年美味しくいただいている神通川の鮎。
近年では雑誌や口伝により全国から釣り人が来ています。
神通川の鮎は全国でも有数の美味しい鮎だそうです。
関東・関西・中部・四国からの車も見かけますが、河原のゴミも増えたように思います。
河原でキャンプしながらの釣行は楽しいのですが、マナーを守って楽しんでもらいたいものです。
鮎2

○川県の釣り人が一番悪質で、先に人が入っている川の中でも仲間内で平気で近づいてきて、最後はその場所を取ってしまったり、隣県なので鑑札を買わずに誰かが買った鑑札を仲間内で回して使うなどの悪さが目立つようになり、数年前からは鑑札に顔写真が入るようになりました。漁協の監察官も○川県ナンバーの車が止まっていたら必ず川まできて監査を確認するようになりました。せっかくの楽しい釣りですので、規律を守って釣りをしたいものですね。
来年まで鮎道具はお蔵入りで、これからの富山湾の魚は様々な物が釣れ出し、魚が美味しい季節を迎えます!
取り敢えず時間が出来たら「アオリイカ」狙いのエギングの始まりです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク