スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


越中おわら風の盆 前夜祭


10858616_789613487814249_2636582613623790215_n.jpg

「おわら風の盆」が9月1日・2日・3日に富山市八尾町にて開催されます。
おわらは富山県を代表する行事(祭り)であります。

越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露します。
艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来訪者を魅了します。

昨日から始まった前夜祭は本祭前の8月20日から30日まで11日間に渡り行なわれます。(なお、31日は本祭前の休みです)
前夜祭の期間中は18時30分から20時まで曳山展示館で、風の盆の上映会・踊り方教室・踊りの鑑賞会が有料で行われます。
その後、毎夜11の町内が交代で20時より自分たちの町内にて町流しと輪踊り、または舞台踊りを22時まで行っています。
輪踊りには一般観光客も輪に入り踊ることができますし、土曜・日曜日は混雑緩和のため2町開催となっており、その担当日の順番は年により異なります。
本祭りの9月の最初の日程が難しい方は、この期間の前夜祭がお勧めです!空いてますし・・・
11933483_789613521147579_5745198495415534688_n.jpg

風の盆とは、二百十日の前後は台風到来の時節であり、昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」というようです。また、富山の地元では休みのことを「ボン(盆日)」という習わしがあったと言われます。種まき盆、植え付け盆、雨降り盆などがあり、その「盆」に名前の由来があるのではないかとも言われています。
神にささげる踊でもありますので、25歳を超える頃には年寄りと言われ踊り手を引退します。年寄りが踊ると神様が怒るそうです。
私のいとこの三人姉妹もその頃には引退していました。本祭りで、街中でそれなりの衣装で踊っている年配の方は他から来て趣味で踊っている方ですので、見た目で地元の踊り方かどうかは直ぐにわかります(汗)

最終日の3日も公式スケジュールは23時までとされていますが、おわらの終わりを惜しむかのように各町の地方と踊り手たちは4日の明け方まで休憩を挟みながらおわらを続けています。
越中八尾駅に最も近い福島支部の踊り手たちは、毎年4日早朝、越中八尾駅ホームにて「富山行き」「猪谷行」き始発列車の乗客をおわらで見送る「見送りおわら」を行っています。とても感動しますよ!
10436259_612217238887209_8497151367151847142_n.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。