スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魚の生食について


魚の生食といえば「お刺身」ですね。
通常家庭で食べたり、お店で頼んだりする刺身はプロが調理したものですから安心です。

では釣ってきた魚や頂いた魚はどうされますか?
私の家では、いただいた大きなブリなんかは近くの魚屋へ持ち込んで捌いてもらいますが、
そうではない小さな魚なら私か妻が捌きます。鮭ぐらいまでは・・・
私は鯵、アオリイカは自分で釣るものと思ってますので、いつも自宅の台所で妻か私が捌いています。
最近は魚を捌けない人が多いですが、それの方が生食するには安全かもしれません。(煮・焼きするのは別ですが)

近海の魚には寄生虫がいて、ほとんどは人間の体内で悪さをせずに死んでいきますが、アニサキスは体内から外へ出ようと内臓に食いつくので、激痛・嘔吐が出ます。まあ死にはしませんが・・・
しかし陸の生き物の寄生虫は、脳まで入るなど死に至ることもあるそうなので気を付けなければなりません!

海の物で特に気を付けなければならないのはイカとサバの生食です。
アニサキスはよく見ると見える時もありますので取れることも・・・
寄生虫を殺す意味もあるのかイカの刺身は細く切ったり、切り込みを入れて食べますよね。
-20℃の冷凍で寄生虫は死ぬと聞いたことはあるのですが私には不明です。
しかしイカは冷凍した方が食感は良くなりますし甘みも増しますので一度冷凍されるのも良い方法だと思います。
サバの生食はやばいかも(虫なんかより、中りそうで怖い・・・)

今が旬のホタルイカも昔は生食をしませんでした。 肉もそうですが(私はレバ刺し・ユッケなどは食べたことないです)
それだけ生食にはリスクがあるのですが、私の近所の魚屋のおじいちゃんは真水で洗うことの重要性を言ってました。
真水で洗うことで雑菌も取れ寄生虫も良く見えるとのことです。
まあそんなに恐れることは無いのですが、やはり安心のお店でお刺身は食べに行ったり、購入したいですね!

イカの刺身




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。