スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GWは盆栽いじり


5月1日と2日を休めば9連休の大型連休に!
昔からあまりGWに何処かへ行くという習慣がなく、子どもの頃も連休が終わった後に遠方への旅行に連れて行ってもらってた記憶があります。
連休中はどこも人で一杯になり、何をするにも並ぶ必要があり、それを嫌がる親はどこへも出かけませんでした。
まあ、皆と同じ日に出かける必要もなく、家でゴロゴロしているのが我が家の習わしでもありました。
子どもたちが小さい頃も、近場でのお出かけで済ませて、終わった後の土日を利用して両行に出かけていました。
姫リンゴ360a

今年もやはり家に居ますので、ゆっくりと盆栽の手入れなどをして過ごそうと思ってます。
我が家の姫リンゴと庭木のドウダンツツジは満開の状態を迎えています。
満天星躑躅は今はこれと言って何も手入れはしないのですが、花が終わっての6月頃には、まっすぐ上に伸びる枝が多く出てくるので、その先をハサミで剪定してやります。
そのままにしておくと樹形が乱れ、秋の紅葉も綺麗ではなくなるので6月には手入れをしてやります。
満天星躑躅360

このGW中は小さな盆栽の実物盆栽が花を付けますので、雨に当てないようにし、午前中には人工授粉をしてやります。
自然の生物寿分でも良いのですが(蜜蜂などの蜂)、確実に受粉させるには人間の手で受粉させるのが一番です。

雄木の花をピンセットで摘み、雌木の花に一個づつ手作業で雌蕊と雄蕊をくっ付けてやります。
受粉に成功した雌木の花は、2~3三日後には花びらを落とし雌しべの根元が太くなってきますので、受粉してるかどうかはすぐにわかります。
姫リンゴには深山海棠の花を付けてやり、ツルウメモドキやウメモドキは雄雌があるので、雄を取って雌に受粉させます。
雄雌の無い木が大半ですが、銀杏も含めて雄雌がある木も中には存在します。

人工授粉の作業は根気のいる作業でして、老眼鏡を掛けながら日数を掛けて行わなければならず、GWの連休は持って来いの御休みです。
秋の小さな実が色づくのを楽しみに作業しております(^^)
スポンサーサイト


プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。