スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


八尾おわら「風の盆」


本日9月1日より3日まで、富山市の八尾町で五穀豊穣を祈念する「風の盆」が始まりました。
二百十日の風が吹くということで風の盆なのですが、今年は異常気象で本日も日中は35℃まであがりました。
夜になっても気温は下がらず、この暑い中での踊り手、歌い方、弾き方の皆さんも大変なことでしょう。

富山県内はもちろん、県外からも多くの踊り手が来て踊っては居ますが、
地元の踊り手は皆25歳ぐらいで引退となります。
(一説には年取った者が踊ると神様が腹を立てると言う事です)
踊り手の顔を見て、年配の方がいればそれは地元外の踊り手だということです。

子どもの時からおわらを踊り、期間中は学校・仕事も休みとなり八尾はおわら一色となります。
深夜までは観光客や県外からの踊り手などで街中もごった返していますが、
明け方に長老の歌い手と弾き方(三味線・胡弓)で行なう町流しが一番風情があり、機会があれば泊まって布団の中で聞いてみてください。酒に酔ってはいるのですが間をもった胡弓の音、年季の入った歌い方など、それは素晴らしいものです。   (ただ、気分次第と天候に左右されますが…)

おわら風の盆008
スポンサーサイト


プロフィール

チャンブー・蛍烏賊

Author:チャンブー・蛍烏賊
管理者の名前の「チャンブー」とは、逆さまに入れ替えると…
自由気ままに書いてます!
写真は富山湾の神秘「ほたるいか」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 宜しければポチッとお願いします!
広  告
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。